REFORM

新しいキッチンの窓際に植物を置きたいなら

お洒落な部屋

特にキッチンが東向きや南向きといった日照条件良好な位置に面している時、穏やかに晴れた日は自然とキッチン作業も捗るものです。大抵キッチンに面した窓際には調理用具を収納するケースやハンガー・棚が並んでおり、普段はスペースが空いていても、特に忙しい際は臨時の調理用具置き場となってしまうパターンが多いものです。
ですがせっかく清々しい陽光に恵まれた貴重な環境なのですから、キッチンリフォームの際は少々欲張って窓際をスッキリ整理し、小さめの観葉植物や鉢花を置ける様なタイプにするとより楽しめますよね。その為にもリフォームの際は、例えバタバタしていても余計なアイテムを全て収めてくれるだけの大容量の収納スペースを持つシステムキッチンを選ぶ事が最低条件となります。
それによりキッチン作業自体気持ち良く行えるだけでなく、広く空いた窓際に十分な数の植物を置く事が出来ると共に、それでいて豊かな日照さえも確保する事が出来るのです。もちろん植物の事を第一に考えるのであれば、加熱調理の際に飛散する細かな油が届き難い離れた場所に窓が位置しているのが理想的。
キッチンのサイズや間取りとの兼ね合いもありますが、どうしても十分なスパンが確保出来ない場合、あるいは窓方面への油跳ねを心配してしまう場合、コンロとの間に調理を邪魔しない程度の簡易的なパテーションが設置出来るタイプを検討すると良いかも知れません。