REFORM

リフォーム中の防犯対策

キッチン

リフォーム中に気を付けておきたいのが、防犯対策です。最近は、リフォーム中を狙った窃盗なども増えているので、手口を学んでしっかりと防犯対策を行うことが大事です。まず、考えられるのは業者を装う手口です。
リフォーム中は、様々な人が出入りを行いますし、窓やドアなども開けっ放しです。作業着を着て、どうどうと家に侵入して窃盗を行う手口が横行しています。事前に何人来るのかを確認して、怪しい人物を入れないようにするなどの対策を行ってください。次に考えられるのは、家主の留守中に親族を装って入ってくる手口です。
工事中の業者さんも、親族ということで家に入れてしまう場合があるので、そういったことがないように、事前に業者さんと話をしておきましょう。家の中に人を入れないリフォームの場合も注意は必要です。特に足場を組む外壁塗装などのリフォームの場合、足場をつたって侵入してくる可能性があります。シートで覆い隠してしまうので、窃盗犯にとってはとても侵入がしやすい状況です。
近所の方に、注意してもらっておく、戸締りをしかっかりするなど出来る限りの対策を行いましょう。リフォーム中に窃盗に合わないように、貴重品は家に置いておかないといった基本的な対策始め、できる限りに対策をしっかりと行いましょう。